鈴木日記

カテゴリ:鈴木日記( 153 )




鈴木日記朗読会4

   bus presents 月刊口遊×鈴木日記
   『鈴木日記朗読会4』

   作・朗読  鈴木 燦
   音楽     伊藤 豊
   ゲスト   まつむら あきひろ
   演出    榎本 純子

   時  2014年11月1日(sat) 
      19:00~
      ※開場は開演の20分前です。

   場所 nuisance galerie 千代田区西神田 3-8-5 03-3221-8877
   

   代金 投げ銭+1オーダー
   ※一杯目¥1000(1ドリンク おつまみ付き)二杯目から¥500


   ご予約 月刊口遊(榎本)まで
         gekkankohyuh98☆gmail.com(お手数ですが☆を@に変えてください)
   
   ※お席が30席と少なめです。お早目のご予約をお待ちしております。

c0163601_11365897.jpg

[PR]



by suzukinikki | 2014-11-01 19:00 | 鈴木日記

瓦の奥から這い出た子猿
改札間近で踊り出す夜
コンクリートの隙間身を隠す
田んぼの隅から湧き出す泉
ビルの屋上からも湧き出した朝
太陽浴びて青く光る
土曜日の朝に生まれた子供
土曜日以外は眠り続ける
月曜の朝に起こされた
黄色い砂漠でよく見た小鳥
誰かの家の押し入れ踊る
時計の上に舞い降りた
紙袋の中生まれた魚
玉川辺りを目指して歩く
[PR]



by suzukinikki | 2014-10-18 12:31 | 鈴木日記

魚ににている記憶の扉を
開けてみようかと
寝るとき思って
朝まで寝ないで天井見つめて

(様々な記憶、空想等)



扉は空かず
じまいだったけど



まあいいかと身仕度をした
そう言えば魚に似ている記憶って何だっけ
[PR]



by suzukinikki | 2014-10-06 12:28 | 鈴木日記

会わずじまい

昨日の朝、食べたつもりの日曜日が
いつも忘れた時間みたいだな
田中の日、そう決めて連絡せずに会いに行く
やっぱりいなくて夜まで待った
暗くなるまでの光の様子
見続けるのが難しくなって
簡単、からから回る綱
引いては飽きずに五分で帰る。
代々木上原の駅で降りて
雨にも降られず帰ってきた

へー、ほー、言っては
刻めぬ日々と
はー、まー、言わずに
お水を飲んだ
冷たい感じです
[PR]



by suzukinikki | 2014-10-03 07:37 | 鈴木日記

鈴木日記朗読会4 決定!

【お世話係よりご連絡】

いつも鈴木日記をご覧下さりありがとうございます。
この度、鈴木日記朗読会4をおこなうことになりました。
「鈴木日記」を、作者鈴木が音楽にのせたりのせなかったり朗読したりしなかったりします
音楽はいつもお世話になっている伊藤くん!
さらに、今回はゲストにまつむらくんをお招きしましたー。
まつむらくんは、これまたへんてこな世界を歌う歌い手さんです。
知り合ったのは数年前なのですが、今回、はじめて一緒に作品を作ることになりました。
とっても楽しみです!


   bus presents 月刊口遊×鈴木日記
   『鈴木日記朗読会4』

   作・朗読  鈴木 燦
   音楽     伊藤 豊
   ゲスト   まつむら あきひろ
   演出    榎本 純子

   時  2014年11月1日(sat) 
      19:00~
      ※開場は開演の20分前です。

   場所 nuisance galerie 千代田区西神田 3-8-5 03-3221-8877
   

   代金 投げ銭+1オーダー
   ※一杯目¥1000(1ドリンク おつまみ付き)二杯目から¥500


   ご予約 月刊口遊(榎本)まで
         gekkankohyuh98☆gmail.com(お手数ですが☆を@に変えてください)
   
   ※お席が30席と少なめです。お早目のご予約をお待ちしております。

【これまで】
鈴木日記朗読会はこれまで3度公演を行っています。
1回目は吉祥寺シアター1Fにあった『シアターカフェ』(現在は閉店しました。)
2回目は神楽坂migimaru2
2回目の追加公演を、大磯にある手作りハイセンススタジオ、エピナール
さらに3回目も神楽坂migimaru2
今回、4回目はmigimaru2のオーナーが経営するnuisance galerieにて行います。
1960年代に建てられたビルの2階にあり、カフェバーを兼ねたギャラリーとなっています。

c0163601_2345348.jpg

c0163601_23435944.jpg

[PR]



by suzukinikki | 2014-09-15 23:45 | 鈴木日記

疲れと川越市

いつもそうなんだどうなんだかなんなんだか
知らず仏と
桑の実と 
甘い感じでよいではないかと
きのうまではたかをくくっていたんですが


悲しいふりしてうちひしがれて
代わりに君の何かを思う
何を思いたかったのか
忘れてしまった。んだけれど
なんだっけ思いながら何かを思って歩いていると
少し拓けた町に出る
少し拓けた町に出ると
暇を潰せる何かがあるから
気をまぎらわせながら君の何かを思う


そう言えばあの、あれはなんだっけ分からないまま
あの、あれなんだっけ思って日が暮れて
何故だかそれを思い出したら

夜風がきもちいきぶんになって
小躍りしながらここまで来ました

実際はそれほど踊れてないけど

まあ

そんな感じですかね
[PR]



by suzukinikki | 2014-09-14 14:17 | 鈴木日記

ダグラス

タクラマカン砂漠にいってみました
予備知識もないまま頭の中で


勝手にワルツを踊って砂に
足をとられて埋もれて死んだ
現実ではない頭の中で何度死んでも悲しくないけど
みんなそのうちしんでゆくから
こころがざわめいてきたりもするけど
こころのなかではなんどもしんで
そのつどなんどもよみがえる
かわさきかわごえどこでもいって
エジプトあたりはもう慣れたみたい
朝から晩までくるくるまわって
隅から隅まで歩き回って
見る触る叩く笑う
聞く変わる固く思うのですが
いっぱいなんだか知ってるつもりで
一杯酒を飲んでみる

食われたくたばるせかいの代わりか朝まで騒いでみてもよいのか
変わらず柔らかな目をするつもりで
違っていてもかまいやしないさ
さかのぼる時計の針を眺めて
美容室の鏡に映す用意がすんだら

そろそろ頭の体操終わり
キャッチーな魚をキャッチしてみる
腐らせたら美味しくなる何かを作って
腐らせたら美味しくなる人と挨拶
する、しないは肩の懲り次第
騒がぬ言葉を静かに聞き取る
訳もなく分け隔てせぬように
回る変わらぬ日々をたたきわる
あっそうへーそう
隣で走るか
へーそう助走はし過ぎない方向で



うーん
いまいち


失礼しました
[PR]



by suzukinikki | 2014-09-10 12:42 | 鈴木日記

けもの

けものたべるあさるひるま

けものにげるとおくちかく

けものわらうひとにしられず

けものかたるひとにわからず

けものさらうひとはおそれる

けものはしるおそくはやく

けものたそがれるあさとゆうがた

けものわかるすべてせかい

けものおこるたまにいつも

けものころぶこころゆくまで

けものさわるなぞるなめる

けものおきるねむるおきる

けものあすもいきるいつか

しんでうまれてまたしんで

うまれてしんでまたうまれる
[PR]



by suzukinikki | 2014-09-01 15:02 | 鈴木日記

タヌキソバ

とりあえずタヌキソバを食べたいのです。
と公子は思った。
朝から晩まで考えぬいた、、結果がどれでも問題ないから、それならどれほどあんたが好きだか食べ物に例えた。
それがタヌキソバ。
安くて悪けりゃ高くてもいいよ。
高いは高いがそれもタヌキソバ。
どれもタヌキソバだとしたら、
あたしのきらいな奴もタヌキソバ。
帰ってしまえと思えば思う程、
勝手に並んで迫るタヌキソバ。
飽きたら飽きたで次はキツネソバ。
今の私はこんなもんだが、それでも張り切る腹は切らない。
つまらぬオチだな、それでいいのよと
思っちゃいないが今日はここまで。
[PR]



by suzukinikki | 2014-08-20 22:47 | 鈴木日記

かたかた

カタカタマカロニ古巣にゃ帰るさ
カタカタ皿まで待たずに帰るさ
サカサカ殺気を放って見るけど
ミタミタ見たんだそれはおめでとう
食らったそぶりのクハッたセブリのクショったつまりは羽を伸ばすだけ





そして

深川
[PR]



by suzukinikki | 2013-12-22 21:25 | 鈴木日記

鈴木燦による日記
by suzukinikki
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鈴木日記
未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧